ドライタイプ

美味しいドッグフードはどんな味?

ドッグフードを選ぶ際にあなたはどこに基準をおいて判断していますか?
人間がおいしいと感じるものでしょうか。
一口に美味しいと言っても人間の味覚と犬の味覚はまったく違うので、人間がおいしいと感じるものを愛犬も好むとは限りません。
試しに新しい餌を愛犬に食べさせて見た時に、最初はものすごい勢いで食べるものの日にちがたつにつれ食べなくなったという事はよくあることです。
犬は物をいいませんから何を感じているのかをはっきりと知る事ができません。

人間同様にしゃべる事ができたら、おいしいかどうかをはっきり確認できるのにとも思いますね。
最初にものすごい勢いで食べたのは、たまたまおなかがすいていたか新鮮だったからかもしれませんし、こうした犬のしぐさだけではおいしいドッグフードを選ぶ決め手にはならないことがわかります。
愛犬への愛情から普段与えているドッグフードに関心をいだき試食した事があるという人も少なくないようですが、食後感想を聞いてみると“味がない”といったものが目立ちます。
日常バラエティーに富んだ味に親しんでいるだけに、味がないドッグフードに首をかしげたくなる気持ちはごもっともですが、ここで注目してほしい大事な事は犬に味は無用という事です。
かつて野生だった頃は当然天然のものを食べていたはずですから、そこから想像してみても無味でOKというのは納得できる結果です。

逆に妙な味をつけてしまったら愛犬の寿命を縮めてしまう危険もあると理解しておくべきです。
飼い主の独りよがりを愛犬に押しつけてはいけません。
では愛犬が美味しいと感じるドッグフードとはどのような製品なのでしょうか。
よく愛犬の様子を観察してみてください。

初めて見る物と対面した時に臭いをかぐしぐさをしていませんでしたか?
そうなのです。
犬にとって何よりも大事なのは臭いなのです。
犬の嗅覚は人間がかぎ分けられない臭いをかぎ分ける能力を持っているという事はよく知られています。
結論から言うと、犬がおいしいと感じるドッグフードとはかぐわしい香りがするものだったのです。
愛犬のために良いドッグフードを選ぶには、品質が高い商品であるかどうかを確認してあげることです。
また含有されている添加物の量が多すぎていないかも押さえておきたいポイントです。
流行りの無添加フードや高級と言われているプレミアムフードなど、価格は高いですが安全性が保障されている商品が人気を集めています。