輸入製品のドッグフードは安全?
ドライタイプ

輸入製品のドッグフードは安全?

スーパーに行くと多種多様なドッグフードが並んでいますが、愛犬の幸福を考えると少しでも良質なドッグフードを食べさせたいと思うのは飼い主として自然な思いです。
無添加・自然素材と書かれているものもあるのですが、我が国のペットフード業界の素性を知ると、選択の難しさを痛感するばかりです。
というのも仮に無農薬・無添加素材で生産された原料を使っていても、工場で袋詰めされる段階で添加物が混入されているケースもけっしてめずらしくないからです。
まして海外輸入となればどのような農法で作られているかわかりづらい面もありますから、どこまで信頼してもいいのやら不安が残ります。

日本まで運搬されてくる段階でも長旅をしてくる間に、赤道直下を通過してくる事もあるでしょうし、その間の湿度がかなり高いものらしくそれだけでもかなり劣悪な環境で運ばれてきているであろう事は容易に想像できます。
品質管理の手間を省くために様々な添加物が使用されている事でしょう。
特にやたら安い輸入ドッグフードは要注意です。
ドッグフードの輸入方法は、「正規輸入」と「並行輸入」という2つあります。
このうちの並行輸入は他の荷物と一緒に輸入され品質管理も劣っているためおすすめできません。
海外製品を購入http://www.grooming.jp/kaigai.htmlする場合は、「正規輸入」と書かれている商品を選ぶようにしましょう。

国内での安全表示は大変あいまいなので無添加製品を探すこと自体難しいかもしれません。

その点海外でのペット事情は日本のそれとは格段に違う厳しさです。
現地で購入する分には問題がなさそうです。
高いから良いとも言い切れませんが、少なくともドッグフードに使用されている原料にどのような素材が使われているかの確認は最低したほうが無難です。
かつては人間の食べ残しhttp://www.icgr2007.org/kikenn.htmlをドッグフードとしてあげていた時代もありましたから、最も安全なものとして手作りを勧める愛犬家も多いのは確かですが、しっかり犬の事を勉強していけばバランス良く栄養成分が混合されている市販のドッグフードの方が愛犬の健康管理をしやすい事がわかってきます。
その上で無添加・自然食品の提示で油断せずに、必ず説明書きを確認しておく事を忘れないでください。
穀類や野菜などよりも肉食中心のものがオススメです。