ドッグフードにも増える無添加製品
ドライタイプ

ドッグフードにも増える無添加製品

スーパーで買い物をしていると“無添加“という表示がされている食品をよく目にします。
添加物のすべてが悪いとは限りませんが、そもそも人の体に元から無かったものを体内に取り込むという事自体が、体に大なり小なり負荷をかける事になります。
特に体力が弱い子供や高齢者またはアレルギー体質の人は、体調不良のきっかけになる事もありますので要注意です。
そういうわけで食物アレルギーの要因の1つに添加物をあげる人も少なくないのです。

実はドッグフードも同じ事が言えるのです。
アトピー性皮膚炎や食物アレルギーを持つわんちゃんが増えています。
人の体に悪い物はわんちゃんにも悪いと覚えておきましょう。
無添加食品の中には高額なものが多いように、ドッグフードも良質のものを探すとなかなかの価格となります。
動物にまでお金をかけていられない”と考える飼い主さんの中には、粗悪とわかっていても低価格のドッグフードを選ぶ人も多いようですが、人間同様に添加物がばんばん混入しているものをずっと食べさせていれば寿命も短くなります。

わんちゃんも大事な家族と思うなら、若干値がはっても良い物を愛犬に食べさせてあげて欲しいものです。
人間界と違う点は、添加物表示が義務化されていないという点です。
無添加と書かれていても詳細までリサーチしていくと添加物にたどりついてしまう事もしばしばです。

たとえば食材は無添加の自然食品であっても、工場へ運ばれてから添加物を混入されるケースもないわけではありません。
輸入製品は日本に運搬されるまでの間で腐敗や質劣化を引き起こさないように、添加物http://www.lindatarrwhelan.com/mutennka.htmlを入れているものも多いので極力国内産を選んだ方が賢明です。
もちろん高い技術力で高品質を維持している海外産の製品もたくさんありますので、輸入品のすべてが悪いとは言えません。
王室御用達のドッグフードで有名な商品は、海外製でありますが品質管理がしっかりとされています。
日本よりもドッグフードへの安全基準が厳しい国の商品は、輸入方法によっては国産よりもおすすめしたくなります。

最も簡単なのはユーザーからの評価が高い物や評判の良いものを試してみるという事です。
AAFCO(米国飼料検査官協会)認定の“自然”表示のある製品もおすすめです。
無添加のドッグフードの特徴として誰でも分かりやすいのが賞味期限の長さです。
添加物は腐敗や質の劣化を防ぐために使われています。
つまり、賞味期限が長ければ長いほど添加物がたくさん使われている商品と言えるのです。